銀行預金をせっせとしている皆さんへ 

日本人は預金が大好きなのでこの低金利下でもせっせと銀行預金をしている人は少なく ないのではないでしょうかそうした方にあえて言い”ちょっとでも増やすことを考え てみませんか”

でも本割れは嫌だリスクを取りたくな!いう人も多いのではなでしょうか今回はそんな方に是非お勧めしたい大変お得な商品をご案内しま(こういう言い方をしてくる金融機関大体怪しいので意してくださでもこの記事は信じてもらって大丈夫です事実しか書 きませんので

現在の金利はご存じのとおりマイナス金利の状況ですがさすがに個人の預金までマイ ナスではありませかしながら定期預金でも 0.01%(3年)とほぼ0に近い水準が長らく 続いています。 

こんな環境下にあって関投資家から羨まれている金融商品がありますその名個人 向け国債変金利型10年満期商品の要を簡単に説明すると

 

半年ごとに適用利率が変更

金利の下限は 0.05%

発効から1年経過すればいつでも中途換金可

1万円から購入可能

 

といった商品での個人向け国債のメリットは 

 

1 国債なので信用度が高い(少なくても銀行より高い)

2 変動金利なので仮に将来金利上昇してもある程度追随する

3 最低金利が 0.05%なので銀行預金よりも有利

 

といった点が挙げられますちなみに中途解約については過去2回分の利子相当額× 0.79685 支払うと換金できるので1(払い2回)経過すると本割れはしなで向こう1年使わないお金があるなら銀行に預金するよりも個人向け国債を購入する方が 安全性も利殖性も優れているということになります銀行預金の5倍ですよ! 全国の銀郵便局券会社で購入可能なで手軽に購入することができます。 

メリットだけ書くと公平ではないのでデメリットも書ておきたいのですが募集期間が 決まっていて、いつでも購入できるわけではないということくらいですだしこれも毎月 発行されるのでそれほどデメリットと考える必はないと思います

ここで改めて注意すべきこと 

上のように個人向け国債は機関投資家もうらやむ大変有利な金融商品ですがだかといってこだけ投資しておけば安心というものではありません資産運用はまず目的を 明確にすることが重要です。いくら個人向け国債が優れた金融商品だからと言っても目的が達成でないのではその人の投資商品としては何ら意味がありませんではどうしたらよのか

まずお金の色分けをしましょう

①生活費など向こう3か月程 度使う目的が決まっているお金

②一定期間使う予定がなが何かあった時に取り崩して 使うかもしれないお金

③当面使う予定もなく長期運用しても大丈夫なお金

といったようにお金の性格によりまず色分けをしてきましょう。 

 
お金の性格  先  考え方
生活費など向こう3か月程度のお金 流動性預金等  つでも引き出せることが重要。 
一定期間使予定がない将来のためお金 定期性預金個人向け国債 突発的に必要も換金でき流動性預金より有利
当面使予定もなく長期運用しても大丈夫なお金 投資信託式等 分散立によりじっくりと資産運用

 

資産運用する上では単一の金融資産のみに囚われることなく3つの性格のお金すべて についてどのようなリスクリターンを期待できるようになってるか見ていくことがですれをポートフォリオを組むといった言い方をします。 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です